NCBB presents V.A. / DIRTY SQUAD #1

日本のヒップホップ史に“DIRTY NORTH”という新潮流を太字で刻んだ6人の破天荒な勇士たち=NORTH COAST BAD BOYZ(以下NCBB)。
インディー、メジャー、それぞれの利点を活かしつつ、発射されたタイトルはグループ、ソロ、コンピ、マキシ、そしてライヴ映像作を含め15を越え、都合4度の全国縦断ツアーも敢行し、名実ともに“全国区”のネーム・ヴァリューを誇る彼等が、自ら培ったコネクションをひとつの作品に落とし込む時がやってきた。
その名もDIRTY SQUAD。
参加メンバーは、NCBBを始め、彼等のお膝元となる
札幌からは次世代のエースと目される2MC=MAKITO&MOLY、
青森のベース(米軍基 地)のある都市三沢からは実力派のWEYM
岩手・盛岡からは地元のホープ集団 BLACK LABEL、
福島からは6メン=9ROSEとHIGH TOP(元PEACESIDE)
神奈川ベイ・エリア横浜からは昨年アルバムも投下したばかりの4MC=S.W.A.T
岐阜からは圧倒的な影響力を誇る“GH=RECORDS”代表 KJI
アトミック・シティ福井からはNCBBの“DIG DA GOOD IMC”からソロも出しているEL-REYを擁する4MCズ のSLACKER
大阪からは“カンサイ〜!!”でお馴染みH.B.FAMILIAのGAZZILAとその相棒で奈良出身の22
そしてH-TOWN =枚方の鬼才Lil Azian A
広島からはNCBBのアルバムに参加したこともある S.I.D a.k.a 志努
香川のコシが命の街=高松からはILLEGAL LIFE
と北海道から東北、関東、東海、近畿、中国、四国の各エリアから総勢33人もの猛者(=ハイドローラーズ)が集合した格好となっている。
こうした全国フッドスター・コンピは過去にも幾つもの良作が存在するが、NCBBの面々がこだわったのは繋がりのタイトな連中の「全員参加」、つまりはDIRTY SQUADの名の下に“デ—タのやり取りだけで終わらぬよう、顔を付き合わせて制作する”ということにあった。
なのでレコーディング作業はすべて札幌で行われ、その“集結の証”として冒頭を飾るマイクリレー曲「DIRTY SQUAD」が録られた・・・というワケだ(PVも秀逸!)。
そのDIRTY SQUADのトラックを担当したのはNCBBのS55 a.k.a SPOCKだが、彼の他にもトークボックスも操るLIL'Jや、 DJ JUN THA FINESTといったNCBB音源の常連が中心となり(GAZZILA&22の曲を手がけるAKIObeatsなど、アーティスト・サイドで用意したモノも有)、爆音でこそその威力が100%発揮されるウェッサイ〜サウス・スタイルの多彩なトラックが集まっている点も、実に NCBBプレゼンツのプロジェクト“らしい”。そうした団結力がものを云うDIRTY SQUAD。アートワークで参加者すべてが“揃いのTシャツ”を着ているところからも、Vibesの高さは伝わってくるだろう。
しかも、この話は「#2」 へと“つづく”のだ・・・。拡大し続ける全国リアルB連合=DIRTY SQUAD、恐るべし!!                                2008年5月   二木崇(D-ST.ENT)
-Track List-

1. DIRTY SQUAD / DIRTY SQUAD feat. HOKT, DAI-HARD  
2. STREET LIFE / GAZZILA [大阪]
3. RAPPIN’ RUNNING / MOLY & MAKITO [札幌]
4. LEADING A DOG’S LIFE / BLACK LABEL [盛岡]
5. LUV MY HOOD / 22 [奈良]
6. I LUV HIP HOP / 9ROSE [福島]
7. ENJOY FOR SEASON / SLACKER [福井]
8. R U READY / S.W.A.T [横浜]
9. STREET VERSE D / WEYM [青森]
10. 真実 / ILLEAGAL LIFE [高松]
11. 4 LIFE / HIGH TOP [福島]
12. BLUE SKY / S.I.D a.k.a 志努 [広島]
13. MAKE UP ONE’S MIND / KJI [岐阜]
14. TO BE ME / LIL AZIAN A [大阪]
15. バラまく夜 / NORTH COAST BAD BOYZ [札幌]

※広島からS.I.Dも参加! 要チェック!

2,310円

注文数:

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索